入れ歯(義歯)

もし歯を失っても
噛める感触を

入れ歯(義歯)

「噛みにくい」「外れやすい」「痛みを感じることがある」「食事を楽しめない」などは、入れ歯をお使いの患者さんから寄せられるお悩みです。そして、そのお悩みの多くは「入れ歯がお口に合っていない」ことで引き起こされています。
お口の中は日々変化しており、入れ歯を作った時と現在のお口の状態が必ずしも同じとは限りません。入れ歯を作りっぱなしにせず、快適に使えるように歯科クリニックで定期的な調整をするのがおすすめです。
当クリニックでは入れ歯をはじめて作る方はもちろん、現在お使いの入れ歯に関するお悩みにもすぐ対応しておりますので、何でもお気軽にご相談ください。

保険と自費の入れ歯の違い

  • 保険診療の入れ歯

    保険診療の入れ歯は、使用できる素材がレジン(歯科用プラスチック)に限られています。治療費が比較的安価で済み、治療期間も短く修理もしやすいというメリットがあります。しかし、入れ歯の厚みが装着時の違和感につながり、見た目も入れ歯をしていると気づかれやすいなどのデメリットもあるのです。

  • 自費診療の入れ歯

    自費診療には保険診療のような制約がなく、素材や形の選択肢がより広がります。装着感や噛み心地の良さ、見た目の美しさや自然さにもこだわり、患者さまのご要望に合わせた入れ歯の製作が可能です。
    さまざまなメリットがある一方で、治療費が全額自己負担になり高額な費用がかかりやすく、修理に時間がかかったり修理できなかったりするなどのデメリットもあります。

当クリニックで提供している入れ歯

  • レジン床【保険診療】

    歯肉に触れる床部分が、レジン(歯科用プラスチック)で作られている入れ歯です。保険診療で製作できるため、治療費が安価で済みます。また、ほとんどの症例で使用でき、修理が必要になってもすぐに対応可能です。
    一方、強度を保つために入れ歯に厚みがあり熱が伝わりにくく、食べ物の温度や味がわかりづらいときがあります。患者さまによっては、装着時の違和感を覚える方もいらっしゃいます。

  • ノンクラスプデンチャー【自費診療】

    ノンクラスプデンチャーは、留め具となる金属のバネ(クラスプ)を使用していないタイプの入れ歯です。バネは歯ぐきの色に合わせた樹脂からできており、装着時の自然な見た目を演出してくれます。また、金属を一切使用していないため、金属アレルギーをお持ちの患者さんも安心してご利用いただけます

    Merit

    • 金属を使用しないため、金属アレルギーの心配がありません。
    • 特殊な素材で作製するので、破損した際、次の装置が出来上がるまでお時間をいただく場合があります。
    • 薄く作製すると、使用時の違和感を減らす効果が期待できます。

    Demerit

    • 衝撃に弱い素材で、破損すると預かり対応になるため、歯のない時期ができてしまう恐れがあります。
    • 装置を固定するため、引っ掛ける歯がない方はご使用いただけません。
  • マグネットデンチャー【自費診療】

    マグネットデンチャーは、歯ぐきや入れ歯に埋め込んだ磁石(マグネット)で固定するタイプの入れ歯です。歯を失った箇所に埋め込んだインプラントに磁石を取り付け、同様に入れ歯にも埋め込まれた磁石の力を利用して入れ歯を装着します。入れ歯は隙間なく固定されて安定感があり、装着時の違和感がほとんどありません。また、付け外しも簡単ですので、お手入れも安心して行っていただけます。

    Merit

    • 患者さんご自身で装置を取り外すことができるため、お手入れがしやすくなっています。
    • 歯根に装置(キーパー)を埋め込む場合は、抜歯の必要がなく、身体への負担を軽減する効果が期待できます。
    • 磁石と金属が吸着力の強さにより、入れ歯がずれにくくなるため、会話や食事を楽しめます。
    • 金属部分が見えないため、周囲から入れ歯の装着が気づかれにくくなり、自然な見た目を演出できます。

    Demerit

    • 歯根に装置(キーパー)を埋め込むため、歯根が残っていないとご使用できません。
    • 磁石や金属を使用しているため、ペースメーカー治療を行っている方、磁気・金属アレルギーをお持ちの方は装置の提案が出来ない可能性があります。
  • 金属床義歯【自費診療】

    金属床義歯とは、歯ぐきなどの粘膜に触れる床部分が金属で作られている入れ歯です。金属なのでレジンに比べて強度があり、長期間の使用でも壊れにくいといわれております。また、金属は熱伝導率が非常に良く、食べ物や飲み物の温度が伝わるので味がわかりやすく、食事をおいしく楽しみやすいのも特徴です。

    Merit

    • 保険診療のプラスチック(レジン)より頑丈で、薄く加工できます。
    • 金属を土台に使うため、頑丈な義歯を作成でき、しっかり噛めます。
    • 金属から熱が伝わり、患者さまが味覚を感じやすくなることで、より食事を楽しめるようになります。

    Demerit

    • 金属アレルギーをお持ちの患者さまは使用できない可能性があります。
    • 素材に重みがあるため、金属床を装着した際に違和感を覚える場合があります。

料金表

  • ノンクラスプデンチャー(片側) ¥60,000(税込み)
  • ノンクラスプデンチャー(両側) ¥120,000(税込み)
  • マグネットデンチャー(1箇所) ¥55,000(税込み)
  • 金属床義歯(片側) ¥165,000(税込み)
  • 金属床義歯(両側) ¥250,000(税込み)
  • 金属床義歯(総義歯) ¥275,000(税込み)

入れ歯の
正しいお手入れの仕方

入れ歯の清潔さを保つには、毎日のお手入れが欠かせません。いつまでも快適に使えるように、入れ歯を正しくお手入れするように心がけましょう。

  • 専用の歯ブラシで入れ歯をやさしく磨きましょう
  • 乾燥しないように水や洗浄液に浸して保管するようにしましょう
  • 入れ歯を壊さないためにも、落としたり衝撃を与えたりしないように注意しましょう