つくば市研究学園の歯科・歯医者 いがらし歯科クリニック

研究学園 歯科 いがらし歯科クリニック

つくば市研究学園の歯科医院、いがらし歯科クリニックです。当院は歯周病の専門医がいる歯科医院です。歯周病専門医とは歯科大学を卒業した後5年間あるいは認定医習得後2年間研修施設で研修し専門的な歯周治療の知識と技量をマスターした上で、専門医試験に合格した歯周病学会員のことを言います。当院の院長は茨城県内にわずか8名しかいない歯周病専門医の一人です。現在、歯周病は日本人の80%が抱えている疾患で歯を喪失する原因の50%を占めています。しかし、痛みなどの自覚症状がなく歯、歯肉、顎の骨を壊してかむこと、話すこと、健康に、直接影響を与えます。

一般歯科

一般歯科

一般歯科とは虫歯、歯のない部分・欠けている部分を補う治療のことをいいます。 歯科医院が通常行っている診療と思っていただいて構いません。

安心の保険内治療

安心の保険内治療

いがらし歯科クリニックでは、保険治療を前提に診療を行っております。 歯科治療=高額というイメージを持たれる方がとても多く、治療をしたいと思っていても料金が不透明でなかなか足が向かないという声を数多く伺ってきました。
当院ではどなた様にもお気軽にご来院できるように、保険診療を前提に治療いたしますので分からない事や、不安な事はお気軽にお問い合わせください。

虫歯の原因

虫歯の原因

虫歯とは口の中の細菌が歯を溶かしてしまうことを言います。
虫歯は口の中に残っている食べ物の残りカスを分解し、デキストランという成分を作ります。デキストランによって形成された歯垢が歯の表面に積み重なっていきます。そして歯垢から出てくる酸によって歯が溶け虫歯になります。

虫歯予防と術後のケア

虫歯予防と術後のケア

当院では、虫歯予防と術後のケアをしっかり行うことをお勧めしております。
歯は一度治療すれば完全だと思われる方が多いと思いますが、きちんと虫歯治療をしても、術後のケアがしっかりと行われないと虫歯はすぐに再発してしまいます。 健全な口腔内環境を保つためには正しい歯磨き方法・定期的な検診が大切になってきます。

虫歯の分類

虫歯の分類

虫歯の初期症状です。
痛みがないので自覚症状はありませんが、歯の表面に黒い部分や不透明なにごりができます。
この段階では、シーラント(予防填塞)等で治すことが可能です。

歯の表面のエナメル質にだけ穴があいた状態です。
この段階では、まだ痛みはありません。

エナメル質の下にある象牙質に達した状態です。
まだ神経に達していないので強い痛みはありませんが、冷たいものや甘いものなどがしみはじめます。

虫歯が神経に達し、歯髄炎を起こした状態です。
歯根膜に炎症が起き、歯根膜炎になることもあります。
いずれも、夜眠れないほどの激痛を伴うことが多くなります。

神経が死んでしまった状態です。
痛みは軽減しますが、細菌が血管を通り、全身に影響をおよぼす可能性があります。

神経治療 神経が死んでしまった、又は神経を抜いた歯の治療を行う際に、当院では根管長測定器を使用しています。
根管長測定器を使用するにことによって、それぞれ長さの違う歯の正確な神経の位置を測ることができるので、他の部分を傷つけることなく、的確に治療を行うことができます。

土日も診療しています

時間/曜日
10:00-13:30
15:00-19:00

:土 9:30-13:30
:日 9:30-13:00