つくば市研究学園の歯科・歯医者 いがらし歯科クリニック

研究学園 歯科 いがらし歯科クリニック

つくば市研究学園の歯科医院、いがらし歯科クリニックです。当院は歯周病の専門医がいる歯科医院です。歯周病専門医とは歯科大学を卒業した後5年間あるいは認定医習得後2年間研修施設で研修し専門的な歯周治療の知識と技量をマスターした上で、専門医試験に合格した歯周病学会員のことを言います。当院の院長は茨城県内にわずか8名しかいない歯周病専門医の一人です。現在、歯周病は日本人の80%が抱えている疾患で歯を喪失する原因の50%を占めています。しかし、痛みなどの自覚症状がなく歯、歯肉、顎の骨を壊してかむこと、話すこと、健康に、直接影響を与えます。

歯周病

歯周病

歯周病とは、歯垢(プラーク)中の細菌が歯ぐきに感染することで始まり、やがて歯のまわりの骨などが失われていく病気で、虫歯のような歯の病気ではありません。
歯を建物に見立てると、地盤に相当する部分が無くなっていく病気です。軽度の歯周病では自覚症状がほとんどなく、気づかないことが多いのですが、進行にともない、歯の揺れ、歯肉の腫れなどを自覚するようになります。 日本人の成人の約80%が歯周病にかかっているといわれています。「私は虫歯がないから大丈夫」という状態の人は歯科医院にかかる機会が少ないので発見が遅れる場合があり要注意です。
歯周病は進行状況によって、歯肉炎→歯周炎の2つに大別されます。

歯肉炎

歯肉炎

歯周病の初期段階で、歯ぐきが腫れただけの状態です。炎症は歯肉にとどまり、骨やその周囲組織(歯根膜・セメント質)にはまだ問題が起きていない状態です。

歯周炎

歯周炎

細菌感染が歯ぐきの深い部分に進み、骨などの周囲組織まで壊れてしまった状態です。
・歯肉が破壊され、歯周ポケットが出来ます。
・歯根(セメント質)に細菌感染がおよび、歯槽骨が溶けはじめます。
・歯の揺れや出血が目立つようになり、歯肉を押すと膿が出ることもあります。
・急に歯ぐきが腫れるときがあります。
・口臭が強くなります。

歯周病の検査

歯周病の検査

位相差顕微鏡 まずはお口の状態をよく把握してから治療計画を考えます。当院の歯周病診査は
・位相差顕微鏡を使用し、状態の理解を深めていただきます。
・エックス線診査をし骨の状態を見ます
・歯周ポケット(歯と歯肉の間の溝)の深さを診査
・歯肉の出血・排膿のチェックで炎症の程度を見ます
・歯の動揺度の診査で歯の揺れを見ます
・口腔内写真を撮り歯肉の性質などを見ます
・お口の型どりと模型作製し、歯並びとかみ合わせのチェックをします
・歯磨きの状態チェック
必要に応じた診査を行った後に治療計画をご説明いたします。ご一緒に計画を練り、ご納得いただけたら治療のスタートです。

歯周病の治療

歯周病の治療

歯周病の治療で大切なことは、細菌とリスク因子の除去です。
すべての病気は原因除去が治療内容のメインになります。歯周病治療における原因除去とは、ずばり細菌を除去することです。さらに歯周病を悪化させるリスク因子の除去を同時に行うことが大事です。

1.歯ブラシ

増殖を続ける細菌に対処するには適切なブラッシングを行うしか方法がありません。ブラッシングの練習をして、歯と歯肉の間や歯と歯の間など細かい部分の清掃をしていただきます。

  • 歯周病
  • ブラッシング

2.リスク因子の除去

喫煙やかみ合わせの問題は歯周病の進行を早めてしまいます。これらの因子を伴う患者様には、リスクをなくすように必要に応じたご指導や治療をさせていただきます。

・禁煙指導

たばこの煙に含まれるニコチンは歯肉の免疫力を下げ、治癒を妨げます。少しずつでも喫煙本数を減らしていくことが望ましいです。

治療の流れ

治療の流れ

歯周病治療の流れ

土日も診療しています

時間/曜日
10:00-13:30
15:00-19:00

:土 9:30-13:30
:日 9:30-13:00